コーヒー

「どうしてあんなに苦いものをみんな飲んでいるんだろう?」
10代のころ、コーヒーは嫌いな飲み物でした。

あるとき、喫茶店で働いていると、ぼくはコーヒー豆の焙煎をまかされることになりました。コーヒー豆の焙煎は、店を閉め、仕込みと掃除を終えてからでないとできない作業。さらに、焙煎は1時間30分から2時間はかかりました。

深夜1時を過ぎて焙煎をすることも普通。ひとりでしたが、孤独ではありませんでした。むしろ、多くの誰かと一緒にいるような感覚がありました。

世界中の一杯のコーヒー。その周囲には、コーヒーに魅せられた人たちがたくさんいて、今日も淡々と焙煎をしています。

彼らに敬意を表して、その一員として、これらの文章を記します。