同志として敬意と連帯感を記す。世界中のコーヒーを育て焙煎する方々へ

以下は、世界中のコーヒーを育て焙煎する人たちへ敬意と連帯を込めて書いた文章です。

自宅のキッチンでコーヒーを淹れていると、ぼくはこのような感覚を抱き、世界との関係性を認識します。それはぼくにとって、日常的な水準で世界市民であることを意識するための儀式でもあります。

 

 

10代のころ、コーヒーは嫌いな飲み物だった。

「どうしてあんなに苦いものをみんな飲んでいるんだろう?」

 

あるとき、喫茶店で働いていると、
ぼくは、コーヒー豆の焙煎をまかされることになった。

コーヒー豆の焙煎は、店を閉め、仕込みと掃除を終えてからでないと、できない作業だった。
さらに、焙煎は1時間30分から2時間はかかった。
だからスタッフは全員、焙煎が嫌いだった。

 

コーヒー豆の焙煎は、むずかしかった。
コーヒーの本が目に映ると、とりあえず手にとって、読んだ。
街中の喫茶店のコーヒーを飲み歩き、分析しノートに書いた。
店に戻り、自分の焙煎を分析した。

 

さまざまな種類のコーヒー豆を試した。
焙煎度合いを確かめ、感想を求め、お客様が求める最大公約数的なコーヒーの味を探した。

たくさんのコーヒーの味を知った僕は、夢中になっていた。
「よいコーヒー」が、この世に生まれるために行われてきた工夫と、アイデアに。

深夜1時を過ぎて焙煎をすることも普通にあった。
ひとりだった。

でも、全く孤独ではなかった。
むしろ、多くの誰かと一緒にいるような感覚があった。

ひとつひとつのコーヒー豆の中に、よい香りと味を生むプロセスと再現性。

 

そこに、意図しなかった敬意が発生する。

 

世界中のコーヒー農場でコーヒーの木を育てる方々へ。
輸送し、焙煎する方々へ。

彼らは今日も、いろいろな方法で「良いコーヒー」の基準をクリアしようとしている。

 

僕は「一度も会ったことがない、世界中のコーヒーの木を育て、焙煎を愛する人たち」に対して、連帯感を抱くようになった。

 

ある日、僕は「雑味がないコーヒー」の焙煎に成功する。

淹れた瞬間、部屋中に広がる香り。
口に入れると、コーヒー豆の特徴は全て、生かされていることが分かる。
広がる風味は深く、液体がのどを通ると、透明な香りがあらわれる。

 

コーヒーは香水に似ている。
それは、すぐに形を手放し、記憶へ移動する。

 

世界中の、一杯のコーヒー。
その周囲には、コーヒーに魅せられた人たちがたくさんいて、今日も淡々と焙煎をしている。

 

 

彼らに敬意を表し、その同志として、この文章を記します。