人生を意味付ける決裁権は、今はもう私が所有している

久しぶりの日記

長い季節が終わる

過去の記憶と未来の記憶

夏の日の風鈴

それは、あなたの時間

 

透過する無音の漆黒

受容

容赦

信頼

飛行機の中で、これから出会う異国の友人と世界を再構築する

 

言葉を道具として
言葉は、世界を愛する意志であり、世界を高く評価する音楽であり
人間だけが所有する楽器であることを悟る

少なくとも私にとっては

 

扉の前に、彼らが立っている

私は彼らと共に、その扉をくぐり抜ける

懐かしく、新しい世界にたどり着く

 

私にはそれができると知っている

それがやってくることを知っている

私はただ待っている

草花

キャンプ

コーヒー

 

それは終わった

彼らはもうどこにもいない
朝5時のカラスは、南の海へ向かって旅を開始する
恐れなど、最初はなかったんだ

 

人生を意味付ける決裁権は、今はもう私が所有している
もともと意味などなかった
意味は、私が付与する

 

汚れた水たまり
水面に美しい空
深く自分に入り込む
解放される

 

そのようにして、人は世界の仕組みを尊重する