マーケティング

ブランディング-マーケティング-Webサイト設計

ブランディングとWebサイト設計の間に位置する、マーケティングの項目。
・業界理解
・競合理解
・自社の事業と商材の理解
・商材の市場最適化
・営業部門理解
・購入と販売の心理
・ソーシャルメディア設計
・広告運用設計

業界理解

業界理解

まずは組織が活動している業界を知ること。
地味ですが、繰り返し立ち戻り、知見が積み重なる場所になります。

aaa

競合理解

競合理解

本当の競合はどこにいるのか。
調査と洞察と仮説をつくっていきます。

aaa

自社の事業と商材の理解

自社の事業と商材の理解

事業のなかに商材があります。
どのようなチームの中に、どのような商材があるのか。

aaa

商材の市場最適化

商材の市場最適化

商材がもっている強みをもう一度組み立て、市場に配置。
誰のどのような悩みに届くのか。

営業部門理解

営業部門理解

購入と販売の心理

購入と販売の心理

わたしたちは、日々購入と販売を繰り返します。
その活動を通して、心はどのようにうごくのでしょうか。

aaa

ソーシャルメディア設計

ソーシャルメディア設計

aaa

広告運用設計

広告運用設計

landscape_kyoto_kiyomizudera_temple_2017

2016年の接客販売マニュアル。
購入と販売の心理をWebマーケター視点から組み立てる

この記事は、2013~2106年にかけて作成した「アクセサリー販売員のための接客販売マニュアル」をベースとしています。

当時の「購入と販売の心理」の理解とノウハウを、5年間Web業界に在籍した現在のWebマーケター視点から再構成。リアル店舗での「販売心理」と「購買心理」の体系をまとめた、約2万字の記事です。

生活の風景

聞き手に映像を喚起する方法でアクセサリーのストーリーを語る販売員のスケッチ

Dさんは、画家ではない。Dさんは、役者ではない。
でも、その人は、頭の中で自由に世界を描き、踊るように生きている。

彼女は頭の中で鮮やかな絵を描き、舞台を歩くかのように、キッチンを歩いている。

今この瞬間に、この文章を読んでいる間にも。

売れないアクセサリー販売員がお客様に購入いただくために最初に行ったこと。接客販売第一夜。

「あなたより3カ月後に入ったNさんの方がやる気が見えるし、結果を出していますよ」

「はい」

「Nさんは、この仕事のために一人で故郷を離れて頑張っているんです。お客様に無視されても最初なんだから、それはしょうがない。大事なのは考えて、行動して、アクセサリーの魅力を自然にお伝えできるようになることです」

「はい」

「本当になんとかしないとまずいですよ。大変だとは思いますが、積極的に声がけしていってください」

「はい」

お客様が来店する。

「さあ、いってらっしゃい!」