2019年の世界のチョコレートが彼らの五感を満たすまでの、小さくて確かなプロセス

「大切な人たちを大切にする」ことを、意識して行う。
小さくて確かなところから。

それが、今回の文章のテーマです。

これは、JR京都伊勢丹のサロン・デュ・ショコラで、家族3人のためにチョコレートを買ったときの話。
そして、そのプロセスの記録です。

大切な人の未来を想像すること。
その未来を実現すること。
原理的にそのプロセスを身体で感じることを大切にしながら。

    目次

  1.  女性の確信。ここには新しいものがある
  2.  芸術的すぎるし、洗練されすぎている
  3.  誰のためにチョコを探しているのでしょう?
  4.  そう言い終わる前に、想像に沿う形で

 

1. 女性の確信。ここには新しいものがある

「アールグレイが入っているチョコレートでございます」

「こちらは薫り高いアルコールが入ったチョコです」

2019年2月1日17:00。
京都伊勢丹10階の催事場は、女性でいっぱいになっていました。

6個で4000円のチョコや、文庫本のパッケージにチョコが入った7000円のチョコ。
マカロン、ワッフル、アイスクリーム。

フランス料理店のチョコ、抹茶を生かしたチョコ、カカオ100%のチョコ、
フランスから逆輸入の日本人パティシエのチョコ、神戸北野の有名なチョコ、
ベルギー産のかわいいチョコ、フランス産のチョコ。
パティシエの実演チョコ調理。

「どうぞご試食ください」

お皿の上のチョコは、瞬く間に減っていきます。

女性の熱気。
新しいものがあるという確信。
全世代の女性、あらゆる関係性の女性が、伊勢丹の10階に集結しています。
熱い視線が集まるガラスケース。
美しくパッケージングされたチョコ。

2. 芸術的すぎるし、洗練されすぎている

そこにいる男性客は全体の5%程度でした。
世代は、20代、30代、60代。
ひとりで買い物をしている男性が50%、カップルで来ている男性が50%。

女性の熱気は「プレゼントを送る相手へ」というよりも、チョコそのものへと向かっているようです。

「好きな人や彼氏に渡す」にしてはこれらのチョコは非常に特化している。
それらのチョコは、芸術的すぎるし、洗練されすぎているようにみえました。

3. 誰のためにチョコを探しているのでしょう?

では、ぼくは誰のためにチョコを探しているのでしょう?

それは、大切な人のため。

→妻、娘、息子

 

ぼくは、熱狂する女性の間をくぐり抜けながら、6才の娘が喜ぶ顔が想像できるチョコを探しました。

2019年2月。サロン・デュ・ショコラで娘のために購入したチョコレート

2019年2月。サロン・デュ・ショコラで娘のために購入したチョコレート

彼女がそれを目にしたときに、瞳に光りが灯り、口元がゆるみ、
「おいしそう」という声が漏れる。
目にした瞬間、期待値がもっとも高いところまで上がる。
それは、鮮やかな色合い。かわいい形。
フランスで作られたマカロン。
洗練された中に、かわいいさが表現されているイメージ。

その状況を思い浮かべます。

 

奥さんの喜ぶ顔が想像できるチョコを探しまわります。

2019年2月。サロン・デュ・ショコラで妻のために購入したチョコレート

2019年2月。サロン・デュ・ショコラで妻のために購入したチョコレート

パッケージはシンプルで洗練されている。
チョコの色味は地味でも問題ない。
国内でも外国産でもどちらでもよい。
それよりは、彼女自身のイメージに一致するブランドイメージ。
それはつまり、
シンプルで、洗練されていて、本物で、ポップであること。
彼女がそれを目にしたときに、瞳に光りが灯り、口元がゆるみ、
「おいしそう」という声が漏れる。
期待値がもっとも高いところまで上がる。

 

2才の息子。

2019年2月。京都駅地下PORTAで息子のために購入したチョコレート

2019年2月。京都駅地下PORTAで息子のために購入したチョコレート

おいしさ、美しさ、かわいさ、よりも、「たのしさ」「おもしろさ」
やはり、サロン・デュ・ショコラにイメージするものはありませんでした。
車の形のチョコはあったけど、ちょっと良すぎました。
→そのあと、京都駅地下のPORTAで探し、購入
→機関車トーマスのおもちゃチョコ(レバーを回すと中からマーブルチョコレートが出てくる)。

 

3. どのようにしてチョコを選ぶ?

ぼくは、どのようにしてチョコを選ぶのでしょう?

具体的な作業としては、

①ぼくにとって大切な人々を選ぶ
②それぞれの喜ぶ顔を想像する
③その想像した状況にあるチョコを映像化しようと集中する
③-1.具体的には「これじゃない」「この感じでもない」の連続
③-2.突然、「これ!」という実物が表れる
③-3.あるいは、「大切な人」と「チョコ」のイメージの歩み寄りが進む
④喜ぶ顔とチョコの両方がきちんとイメージされる
⑤チョコを購入する

 

どうやって探すか?

①1店舗ずつ見て歩く
①-1.店舗の色、デザイン、店員さんの服、店員さんの動きとセリフ
①-2.ショーケースのレイアウト、色使い、説明方法、パンフレット
①-3.パッケージ
①-4.チョコレートそのもの(数、味、形、色)
①-5.価格
②店員さんに聞いてみる
③頭の中でシミュレーション
③-1.一人ひとりがそれを持ったときに喜ぶ状況がイメージできるか
③-2.それぞれがもらって見比べたとき「うらやましさ」が出ないか

 

4. そう言い終わる前に、想像に沿う形で

「大切な人たちを大切にする」ことを、意識して行う。
小さくて確かなところから。

それが、今回のテーマです。

ぼくは帰宅し、チョコを部屋に隠します。
そして、翌朝、折を見てそっと手渡し。

「いつもありがとう」

そう言い終わる前に、チョコが入った袋を見た3人。
彼らは、ぼくの声を聞く耳を失い、ぼくは視界から消え、チョコレートに目を奪われます。

そして、
2019年に生まれた世界のチョコレートが、彼らの五感を満たすのでした。

想像に沿う形で、
想像以上に。