ブログ

雑記プログから始まったこのサイト。
初めはブログの中にあるカテゴリーがメインコンテンツでした。

今はメインカテゴリーの活動範囲から離れていることを行う場所です。

対話の方法と実践

「対話の方法と実践」では、思考法、対話法をまとめています。

日本語の歴史と構造分析。民主的な生活言語としての日本語試論言葉と視覚と記憶の関係性。意味記憶から価値記憶へ飛ぶ鳥たちハンナ・アーレント「人間の条件」要約。活動の3つの不確実性(無制限性、不可逆性、不可予言性)と2つの解決手段(約束、許し)どうして旅が好きなのか?自己対話試論芸術的すぎるし、洗練されすぎている。自己対話試論

地球史

「地球史」では、地球史、人類史、思考法、対話法をまとめています。

倫理の相対化のための宇宙史/地球史/人類史の早見表。1000年の新しさを理解するために

情景スケッチ

フィクション構築のための素材集め。

「人はなぜ物語という形式でしか世界を理解できないのか?」という問いに近づくための情景スケッチです。

37年の偏った愛の氷解凧あげ。こころの中に普遍的な希求精神があると信じること冬の最後の少年2006年のモンテビデオの中華料理屋転職の時代も終わり、大切な人と時間を過ごすことに価値を感じる。転職の時代と出会い
コーヒーと朝日

コーヒーと焙煎

「どうして苦いものを飲んでいるんだろう?」

10代のころ、コーヒーは嫌いな飲み物でした。

あるとき、喫茶店で働いていると、ぼくはコーヒー豆の焙煎をまかされることになりました。

水出しアイスコーヒーのレシピ(コーヒー豆50g/水800cc₊150cc/冷蔵庫で8時間)。65秒動画と9枚の画像で解説好きを伝えることが、結果的に好きを続けることになる。これまでは追求してこなかったこと(2019年の抱負)コーヒー豆を15分で手焙煎。7つのプロセスを「5段階の火力/火からの距離/焙煎時間」でシンプルに記録する手焙煎の道具を紹介。コーヒーは飲むのも淹れるのも楽しい。少し手間をかけられれば、焙煎はもっと楽しい。「なんで焙煎やってるの?」と娘が聞いてきたら、なんと答えよう

書籍の要約

思考の材料となった書籍。最初のプロセスとしてぼくは、何度も読み、要約します。

その後、それを実践で使用し続け、洗練させ、体系的全体像の一部に組み込んでいきます。これはその第一歩となる書籍の要約です。

絵本体験の原型はどこにある?2つの短編小説の紹介一人で椅子に座り考える男書籍要約:ALL for Saas(Saas立ち上げのすべて)本の要約:コンサル1年目が学ぶこと(大石哲之著)

写真撮影

2007年にアルゼンチンから帰国し、写真撮影を始めました。でもそれはどちらかというと、絵を描く感覚に近い行為でした。

記憶を定着させると同時に、その中に動きと空間が見えるように。

上から見たイチゴのタルトイチゴタルト。息子の4回目の誕生日古い洋館の6畳のリフォーム:グラスストッカー京都の古い洋館。一室をリフォームして生活した4年間の記録(2008~2011)
お茶飲む二人

フィクション

フィクションはどのように構築され、どのように機能するのか?

若い老夫婦