顧客課題とサービスとWEBサイトを繋げる

サイト名:WEBサイト設計

運営者:島津 共則(しまつ とものり)
職業:BtoBマーケター

概要:BtoBのWEBサイトの戦略立案から、サイト改善、記事作成を行っています。事業理解から始め、ミッション/ビジョン/バリュー策定、サイト設計、サービスコンセプトの言語化、サービス詳細ページの構成まで落とし込む。短期施策を実施しながら、中長期施策を立案。決裁者/営業担当者/WEB担当者の3者へご提案。WEBサイトを起点として短期施策~中長期施策を立案します。


テーマ:言語化と構造化
その他の活動:2020年百人一首の英語翻訳を完了。イラスト作成・コーヒー豆の焙煎も行っています。
住所:京都

事業理解

事業理解のプロセスでフレームワークを使う目的は「すべての項目を埋めること」ではなく、「仮説立案」と「仮説精度の向上」です。

そして、頭の中の「仮説的因果関係」を補強すること。それは、100%の答えを求めるゲームではなく、精度の高い仮説的因果関係を作るために一次情報を収集するゲームです。

営業設計

営業設計

BtoBのWEBサイト設計に関しては
・企業が対象とする顧客ボリュームは限定的で
・課題は顕在化しているが
・提示する解決策が未整理
という場合も多いです。

結果、「現場の一次情報」と「高精度の仮説」を持つトップセールスマンとの関係性構築が肝要となります。それは、サイトで提示する解決策の質に直接影響します。

ブランド設計

2016年から2021年の間、WEB業界で5年間働いて体感してきたこと

それは
マーケティングの限界とブランディングの必然性
です。

「細分化した部分最適のマーケティングサービス」主導の戦略から、「誠実な事業理解を基盤としたブランディング」と「健全なマーケティング」へ。

そこでは、信頼関係を土台とした「長期的な協業型チーム運用のスキル」が重要になってくると考えています。

サイト設計

「売上向上に関与するWEBサイト制作」は、プロダクト単位の制作サービスから、信頼関係を基盤とした長期的ワークショップ形式の協業行為へと移行しています。

つまり「狭義のWEBサイト制作」はサービスの一部に取り込まれ、制作以前の設計段階から考えることが当たり前になると見込まれます。

マーケティング

「そもそもWEBサイトの役割とは?」という問い。

WEB業界にいながら、WEBサイトという機能を「BtoC現場の店長視点」で見続けてきました。ものを売る現場の実感から「WEBサイトの役割」を考えています。

活動実績

翻訳論

「翻訳論」は

「言語の構造分解プロセス」と「言語翻訳の構造」について、仮説検証と実践を行うカテゴリーです。

まだ人類は「派生の違う言語習得」に対して「適切な全体像把握と方法論」を持っていない

という仮説をベースにした仮説検証活動です。

イラスト

本来、絵を描く喜びと自分自身は一体化しているはずです。

自分の内部で「他者の評価が幅を効かせること」を退け、

「描く行為に没頭する」ために内部環境を構築すること。

自分でコーヒーを淹れること

ブログ

・地球史と対話
・情景スケッチ
・コーヒー豆の焙煎と暮らし
・書籍の要約
・写真撮影
などを記録し、考えをまとめています。

想像力から、赦しと愛へ

コンセプト

想像力から、赦しと愛へ
From Imagination to Forgiveness and Love

記憶は、動物も所有しています。
感情も、理論も、分析も、ある種の言語も。

人間性の砦は想像力です。
想像力を育てると、次第に赦しが形成され、
そのあとに愛が認知されます。

いつの間にか何かに譲りわたさないように。