目覚めるとクリアなアイスコーヒーができていた

目覚めるとクリアなアイスコーヒーができていた

 

こんにちは。

平日の仕事中にこそ、おいしいコーヒーを楽しみたい。

でも平日の朝にドリップする時間を確保することは、なかなか難しい。

そんな中、@konnro3 さんのツイートを参考に、水出しコーヒーを作ってみました。

 

    目次

  1. 50gのコーヒー豆、800cccの水、8時間
  2. 2つのフィルター、150ccの水を追加
  3. 諸要素の最適解
  4. 娘のひとこと

 

 

1. 50gのコーヒー豆、800cccの水、8時間

 

アイスコーヒーの計測前

アイスコーヒーの計測前

こういうことは、勢いと感覚が大切。
とりあえず、ホットコーヒーで使う時と同じ分量のコーヒー豆と水を使うことにしました。

 

アイスコーヒーのために豆を計測。50gを使用。

アイスコーヒーのために豆を計測。50gを使用。

これまでの焙煎で残っていた、2種類の中煎り(コロンビア)の豆を使います。

 

コーヒー豆をコーヒーミルで挽く。KalitaのCeramil MILLを使用。

コーヒー豆をコーヒーミルで挽く。KalitaのCeramil MILLを使用。

深夜1時を過ぎていたので、家族が眠っている場所から離れて、豆をコーヒーミルで挽きます。
KalitaのCeramil MILLは、色も形もかわいいので愛着が持てます。
豆の粗さを1~9まで設定できるのも、気が利いています。
今回は、最も細かい1で挽きました。

 

水につける前。茶こしを使い、微粉を取りのぞき、雑味が出るのを防ぐ。

水につける前。茶こしを使い、微粉を取りのぞき、雑味が出るのを防ぐ。

雑味が出ないか少し心配だったので、茶こしを使って微粉を取りのぞくことにしました。
このあたりの工程は、慣れたらもっと迷いなくできそう。

 

取りのぞいた微粉とコーヒー豆。

取りのぞいた微粉とコーヒー豆。

いままで、アイスコーヒーは「濃度の高いホットコーヒーを淹れ、その場で氷と氷水を使って冷やす方法」でしか作ったことがなかったので、ちょっとドキドキします。

 

800ccの水を加え、一晩置く。

800ccの水を加え、一晩置く。

1:20分に水を淹れ、就寝。
明日は土曜日。仕上がりが楽しみです。

 

2. 2つのフィルター、150ccの水を追加

8時間後の翌朝、KINTOの「Stainless steel filter 2cups」を使い、コーヒーを淹れる。

8時間後の翌朝、KINTOの「Stainless steel filter 2cups」を使い、コーヒーを淹れる。

翌朝9時。
1回目のろ過は、KINTOの「Stainless steel filter 2cups」を使ってみました。
予想通り、ろ過されたコーヒーには、微粉と少しのざらつきが。

 

微粉を通してしまったため、ペーパーフィルターを使って2度目のろ過。

微粉を通してしまったため、ペーパーフィルターを使って2度目のろ過。

ペーパーフィルターに変更し、再度ろ過を開始。
綺麗なコーヒーの液体が抽出できました。

 

50gのコーヒー豆と800ccの水から、6000ccのアイスコーヒーが完成。

50gのコーヒー豆と800ccの水から、6000ccのアイスコーヒーが完成。

味見したら、若干濃く、苦みも強かったので、水を150cc加えてみました。
このあたりの水を足す感覚も新鮮で楽しいです。
実験の雰囲気が強くなります。

 

3. 諸要素の最適解

コーヒー豆の量
水の量
浸水させる時間
フィルターの種類

などは、これから日常的に作っていく中で、ある程度の最適解を見つけてきます。

これからが実験と結果の醍醐味。

 

 

4. 娘のひとこと

結果的に、時間と手間はホットコーヒーと比べると、格段に短縮されました。

お湯を準備する時間も、ドリップする時間もいらないので。

ただ、その分、ドリップする楽しさや、コーヒーの香りが生まれる瞬間には立ち会えません。

味としては、最後150ccの水で調節したことにより、軽くクリアな味になりました。
良い豆を使わないと、雑味が目立つのはホットコーヒーと同じ。

娘は

うん。おいしい

とひとこと。

この一言ですべてが報われます。

今後、平日のコーヒーの仕込みには水出しコーヒーが習慣化するかも。

朝温めて、保温ボトルに入れて仕事場へ。
小さな幸せ。