どうして旅が好きなのか?自己対話試論

今回は自己対話の記録です。

自分はどうして旅が好きなのか?
以下は結論です。

  • ぼくはかつて、自分を低く見ていた。
  • そして本当は「自由」と「自己信頼感」を求めている。
  • だからぼくは「旅」に惹かれ続けている。

午後11時。帰宅電車の椅子から始まる対話

金曜日、午後11時の帰宅電車の椅子にぼくは座っています。

目の前に座るサラリーマンは2人とも眠っています。今日も疲れたのでしょう。
1人はくたくたに体を揺らしながら寝ています。
もう1人は途中で目を覚まし、じっと窓の外を眺めています。

ぼくの隣のサラリーマンはスマホで漫才師の動画を見て、少し笑っています。

ここが、普段ぼくがいる場所。
ここから始まります。

ノートを広げ、フリクション(0.38黒)で文字を刻み始めました。

自己対話の方法。「問う」「答える」「ストーリーにする」

3つのプロセスで対話を構成します。

それは

  • 問う
  • 答える
  • ストーリーにする

各工程でさらに3つに工程を通過します。

問う
問いを作る
問いをシンプルに修正していく
問う

答える
思いつくことを書きだす
グルーピングする
要約する

ストーリーにする
意味(社会性)と価値(人間性)を付与する
バックグラウンドを想起する
ストーリーにする(未来の立場から意味と価値を付与する)

思いつくままに問いを作る

問いを作る

思いつくままに問いを作ります。

自分はどうして旅が好きなのか?

問いをシンプルに修正していく

「自分はどうして旅が好きなのか?」という文章の中からいらない語彙を探します。

自己対話といっているので「自分は」はいりません。
「好き」という一般的な単語を使うより、もっと「潜在的で衝動的」な感じを表現したいと思いました。
そして、もっとシンプルな形にしたい。

以上を加味して、

「旅」に惹かれる理由は?

という問いにしました。

問う

「旅」に惹かれる理由は?
と自分に問いかけます。

暗闇の中を進む車内。
目が痛くなるほど明るいところで。

答える。無所属感/自由感覚/無力感/自分を知る/移動感覚

思いつくことを書きだす

いわゆるブレインストーミング。
以下はそれをリストアップしたものです。

ひとりになれるから
自分のみで、すべてを見ることができるから
リセット感覚
知らない場所に身を置く感覚
知らない町の知らない人々の表情、歩き方、話し方を見ることが好き
自分の判断のいい加減さを知ること
自分の好みがダイレクトにわかる
絵が描きやすい
文章が書きやすい
生きているという実感を感じやすい
どこに行くか、よりも、行っている途中の「移動感覚」が好き
無所属感
何者でもない者になれる
大きなテーマを考えやすい→「人間とは何か?」「命の意味とは?」「地球とは?」
世界把握
一種の死後の世界の感覚
「推量」の数と量が急激に上がる
無力感
無知感
不可能感
「意味」と「価値」の大いなる不一致の間にいる感覚

グルーピングする

思いついたことを属性別に分類(グルーピング)します。
するとこうなります。

無所属感(個人と社会)

ひとりになれるから
一種の死後の世界の感覚
「意味」と「価値」の大いなる不一致の間にいる感

自由感覚

絵が描きやすい
文章が書きやすい
生きているという実感を感じやすい
無所属感
何者でもない者になれる
大きなテーマを考えやすい→「人間とは何か?」「命の意味とは?」「地球とは?」
世界把握

無力/無知感/不可能感

無知領域の瞬間的な拡大
部分的な機能不全になること
知らない場所に身を置く感覚
知らない町の知らない人々の表情、歩き方、話し方を見ることが好き

自分を知る

「推量」の数と量が急激に上がる
自分の判断のいい加減さを知ること
分の好みがダイレクトにわかる
自分のみで、すべてを見ることができるから

移動感覚

辿り着いた後よりも、途中の移動状態が好き

要約

要するにどういうことか。
できるだけ自分が腑に落ちる言い方で説明します。
そのあとに、わかりやすく。

つまり、
ぼくは「旅」に惹かれている。
それは以下の体験をもたらしてくれるから。

  • 無所属感:個人と社会の対立構造からの離脱
  • 自由感覚:帰属の消失のによる自己が立ち上がる感覚
  • 無力/無知感/不可能感:無知領域の瞬間的な拡大と、それによる世界の再定義の感覚
  • 自分を知る:「推量」の数と量が急激に上がるため
  • 移動感覚:非固定状態への安心感

ストーリーにする。「自由」と「有力感という名の自己信頼」を求めて

要約文は、分かりにくいかもしれません。
ここから、単純な「点としての理由」を「線→面→立体というストーリー」に変更していきます。

点を線にするには

時間(記憶の編集機能)
空間(五感の総体)

が大前提の要素(地球的条件)として必要になってきます。

そして次の要素(人類世界的条件)として

意味(社会性)
価値(人間性)

が必要です。

つまり

時間(記憶の編集機能) > 意味(社会性)
空間(五感の総体)   > 価値(人間性)

という関係です。

意味(社会性)と価値(人間性)を付与する

意味(社会性)
言い換えると「横軸」。

価値(人間性)
言い換えると「縦軸」。

ぼくに当てはめると、

意味:過適応・状況依存・恒常的非常事態・バーンアウト・自己疎外・不信・記憶消去・ディスカウント・言語障害
価値:書くこと・描くこと・容赦・信頼・再統合・意志・未来想起

意味は社会的な属性を表し、価値は個人の情熱を引き出す行為を指します。

ストーリーにする(未来の立場から意味と価値を付与する)

この工程がもっとも難しく感じます。
だからあえて、一言で言い切ってみる。
自分の未来の立場から。

  • ぼくは〇〇だった。(過去)
  • そして本当は○○を求めている。(未来)
  • だからぼくは「旅」に惹かれ続けている。(現在)

というように。

  • ぼくはかつて、自分を低く見ていた。
  • そして本当は「自由」と「自己信頼感」を求めている。
  • だからぼくは「旅」に惹かれ続けている。

少なくとも今までは、旅にいる間だけは「自由」と「有力感という名の自己信頼」を感じることができたから。

これからの旅の意味

すると、おのずと次の設問が生まれます。

では、これからのぼくにとって旅の意味は変わってくるのでは?