「なんで焙煎やってるの?」と娘が聞いてきたら

暑い日には、冷たいカフェオレを

こんにちは。

今日も暑かったですね。

今日みたいに暑い日は、
冷蔵庫でキーンと冷やした深煎りコーヒーに、
冷たいミルクをあわせた「カフェオレ」はいかかでしょうか?

おすすめは、氷抜きです。
香りも味も、薄くならないから。

ぼくは、昨日もコーヒー豆の焙煎をしました。

こんなに毎週の日曜日に焙煎をしていたら
「お父さん、なんで焙煎やってるの?」
って、そのうち娘が聞いてくるんじゃないかって、
ふと思ったんです。

 

娘と二人で夏休みの宿題をしたときの会話

 

というのも、
今日、6才の娘は小学校の始業式でした。
昨日、ギリギリで終わった夏休みの宿題を茶色いランドセルにつめこんで、
学校に行きました。

だから昨日、一緒に娘の宿題をやってたんですけど、
6才の女の子って、すごいですね。
いろんなことが分かってて。

娘が、ディズニーの「リトルマーメイド」の絵を描いていて、
ぼくがそばで、
「アリエルの目は、もっと大きいんじゃない」
って、アドバイスしているとき。

娘が急に言い出したんです。

「宿題がおわったら、おかあさん、よろこんでくれるかなあ?」
「宿題がおわったら、ほめてくれるかなあ?」
「ほんとうに怒らない?」

って。

ぼくは言いました。

「宿題が終わったら、お母さんは喜んでくれるよ」
「お母さんは褒めてくれるし、もし、それで怒ったら、お父さんがお母さんを怒るよ」

そしたら、娘が

「お父さんとお母さんは、けんかしたことあるの?」

って、聞いてきたんです。

ぼくは正直に、

今まで3回か4回くらい喧嘩したこと、
多分、もっと喧嘩になることはあったと思う、
でも、お母さんが我慢してくれているんじゃないか、

と伝えました。

そうしたら、娘は何も言わず、
ぼくの顔を見るのをそーっと止めて、
ひとりでアリエルの絵を描き始めたんです。

渇いた土に、たっぷりの水が注がれた後みたいに。

結局、娘はひとりで
アリエルの絵を描き、クーピーで色を付け、宿題を終わらせました。

 

「お父さん、なんで焙煎やってるの?」と娘が聞いてきたら

 

彼女は、もういろんなことが分かっているんだな、
と思ったんです。

だから、

「お父さん、なんで焙煎やってるの?」
「お父さん、焙煎の何がおもしろいの?」

って、急に聞かれるんじゃないかって、ふと思ったんです。

もし聞かれたら、なんて言うと思います?

もし聞かれたら、こうしようと思います。

多分、その日は、今日みたいに暑い日だと思うんです。
そして、妻も2才の息子もいないと思うんです。

どうしてかというと、
娘が何か大事なことを聞いてくるときって、
いつもそうだから。
(昨日もそうでした)

最初に、ぼくは娘に聞きます。

「冷たいコーヒーと、熱いコーヒー。今、どっち飲みたい?」

そうすると、娘は
「冷たいコーヒーがいい」
っていうと思うんです。

なんたって、外は暑いですからね。

ぼくは、冷蔵庫から、焙煎したばかりのコーヒー豆を出します。
タッパーの蓋をあけて、娘を呼んで、

「ちょっと、どんな香りか確かめてみて」

と言います。

娘は、その香りを吸い込んで
「ちょっとだけいい香り」
と言うと思います。

「今の香りを覚えといてな」
と、ぼくは言います。

そして、ぼくは、
いつものように、お湯を温め、豆をミルで細かくして、サーバーとフィルターを準備します。

ペーパーフィルターに細かくしたコーヒー豆を入れたとき、
もう一度娘を呼んで、香りを覚えてもらいます。

そして、コーヒーを淹れます。
アイスコーヒーを作るので、いつもよりお湯の量は少なくして。

温かい淹れたてのコーヒーを、
小さいグラスに少しだけ注いで、味を確かめる。
後は、氷水の上においたボウルで瞬間的に冷まします。

コーヒーが完全に冷えたら、
グラスに注ぎ、
冷蔵庫から、冷やしておいたミルクを加えます。

細いスプーンで、ゆっくり、少しだけかき混ぜて、娘の前に置きます。

「どうぞ、アイスコーヒーです」

とぼくは娘に言います。

娘はアイスコーヒーを飲みます。

そして、小さな声で
独り言みたいに
「おいしい」
と言うんです。

そこで初めて、ぼくは言います。

「好きな人に、好きなものを渡せること。それって幸せだと、ぼくは思うんだ」

これが、ぼくのプランです。